FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

「切り返し」の動画UPしました。

2013.07.03 Wed
みそ造り教室にお越し下さいました皆様、

切り返しの動画をUP致しました。

切り返しのやり方に不安がある方は参考になさって下さい!

*音声が途切れている部分があります。編集って難しいですね(^_^;)




スポンサーサイト
Category:みそ造り教室 | Comment(194) | Trackback(0) | top↑ |

「切り返し」やりますよ!

2013.05.28 Tue
切り返しを始めますよ!
注)作業は流し付近でやると良いですよ。

切り返し(天地返し)の目的
・樽の中の各部位を均一に発酵熟成させる。
・酵素の供給によって酵母の増殖を促進すること。
・発酵熱により中央部の品温が高くなるので、放熱させる。

「新・みそ技術ハンドブック 全国味噌技術会」より抜粋

ではでは・・・
みそ教室で仕込んだ味噌を出して下さい。
130528a.jpg

蓋を開けて下さい。
130528b.jpg

重石を取って下さい。
醤油のような液体は「たまり」と言います。味噌中の水分が分離したもの。
水が上がってきた時が切り返しの合図です。
130528c.jpg

味噌を発酵させる環境により、
熟成度が変わっていくのも、味噌造りの面白いところでもあります。
例)この白っぽいものは「産膜酵母」というカビの一種です。
kirikaeshi03.jpg


押し蓋を取って下さい。
130528d.jpg

例)食べても害はありませんが、風味を損なう恐れがあります。
しかし、産膜酵母が出ても心配することはありませんよ!ご心配なく!
kirikaeshi05.jpg

「たまり」は雑菌を含んでいますので、「流し」などで捨てて下さい。
産膜酵母が上手に取れなかった場合は乾いた布などで拭き取って下さい。
ビニールを開けて、味噌の上にある薄いシートを外して下さい。
130528y.jpg

味噌の外淵に産膜酵母が付いていた場合はスプーン等で部分的に取り除いて下さい。
中央の白いものは「チロシン」と言い、アミノ酸の結晶です。
チロシンはサラッとしていますが、産膜酵母はフワフワしています。
上部写真を参考にして下さい。
kirikaeshi08.jpg

重石・押し蓋・薄手のシートを洗ってきましょう。
水気は味噌の敵です。丁寧に拭いて下さいね。
130528g.jpg

桶から味噌をスポッと抜く。
下に布などがあると良いです。
130528h.jpg

残った桶には「たまり」が残っていますので、
きれいにして新しいビニールをセット!
130528i.jpg

130528j.jpg

130528k.jpg

いよいよ切り返し!
味噌の入ったビニールから新しいビニールに味噌をゆっくり移します。
こぼさない様に。。
130528l.jpg

上下を入れ替えるような感じでかき混ぜて下さい。
念入りにやる必要はないです。軽めでOKです。
130528m.jpg

味噌から空気を抜きます。ギュギュ!
表面を凹凸無く平らにして下さい。ここ大事です!
130528n.jpg

平らになりましたか?
130528o.jpg

味噌の上に再びシートを乗せる。
密着させて下さいね。
130528p.jpg

外側のビニールを畳みます。
130528q.jpg

押し蓋を乗せます。
130528r.jpg

重石を掛けます。
130528s.jpg

完成です(^O^)/
130528t.jpg

これから夏の暑い時期は味噌がより発酵します。
出来上がりは秋口の9月頃です。
それまで大事に熟成させて下さい。

お問合わせ
TEL 029-875-0002
メール info@yamaichimiso.co.jp

お気軽にお問合わせください。



Category:みそ造り教室 | Comment(218) | Trackback(0) | top↑ |

仕込み容器のご紹介

2013.01.12 Sat
今年は寒いですね!みそ造りもいよいよ本格始動です。

今回は、みそ造り教室で使用しているオススメの容器をご紹介します。

①通常、みそ造り教室にて使っている容器(以下①とします)
tupper06.jpg

②皆さんにオススメしている、タッパーウエアさんの容器(以下②とします)
tupper01.jpg

何が違うの?という声が聞こえてきそうなのでお伝え致します。

①の容器で味噌を仕込む時に、原料以外で必要なもの
容器を覆うビニール、重石、押しぶた。
仕込み直後は↓こんな感じです↓
tupper07.jpg

②の容器で原料以外に必要なもの。
特にありません!*細かいもの少しだけありますけどね(笑)
tupper03.jpg
*写真のみそは黒豆みそです。

さらに・・・
①は切り返しを行います。切り返しの方法
②はみそ造り教室当日に仕込んでおわりです。
切り返しはやりません。そのまま熟成させれば出来上がりです。

では出来上がりは・・・あまり変わらない。
①は切り返しをしている為に味噌の上下部分の水分、固さも均一に仕上がっています。
②は手を加えていないにも係わらず、①と大きな差はありませんでした。

なぜ?

秘密はこの蓋です。
tupper02.jpg

蓋の中心部分を押して、容器を密着させることにより
①の重石を掛けた状態(圧力が掛っている)と同様の状態を作り出しているそうです。

ということは、

容器内部は蓋と容器が強力な密着状態を作りだします。
密着した事により、容器の中にある味噌と蓋の間で空気は対流できなくなります。
対流を抑えられれば、酸化も抑えられます。
カビが生えにくい空間を造りだしているということです。

①では発酵が進んでくると表面にカビが生えてしまいます。
②は表面にカビが生えてませんでした。
この容器を使って受講された方も、
カビはほとんど出なかったと申しておりました。

僕も半信半疑で②を使ってみそを仕込んだでみたのですが
上記でお伝えした通りです。

この容器はオススメですよ。
味噌・漬物・果実酒・梅干しなど。使い方色々です。

価格は
みそ造り教室を受講される方に限り
3,800円(受講料)+2,500円(タッパーウエア容器代)となります。

タッパーウエア容器のみですと3,000円となります。

みそ造り教室をご予約される方で
タッパーウエアの容器をご希望される方は、ご予約時にお申し付け下さい。

以上、タッパーウエアさんの容器のご紹介でした。








Category:みそ造り教室 | Comment(156) | Trackback(0) | top↑ |

みそ仕込み教室・2月までのおしらせ

2011.11.18 Fri
来年2月までの日程をお知らせいたします。
12/07(火) 17(土) 22(木)

01/13(金) 21(土) 26(木)

02/04(木) 15(水) 24(金)


原料   茨城産コシヒカリ米、茨城産タチナガハ大豆、赤穂の天塩
出来上がりの味噌 約5kg
持ち物  エプロン・三角巾(帽子)・タオル
受講料  3,800円(樽・押し蓋付き)
所要時間 約1時間30分

20111118a.jpg

20111118b.jpg

お子様とご一緒に味噌を仕込みを体験される方が増えています。
料金は1セットでの価格ですので人数は増えても変わりませんよ。

例)お母さん&お子様2名でも料金は同じ♪
例)お母さん&お父さん&お子様1名でも料金は同じ☆
つまり、お子様と2人で1セットでも3,800円!!


edu


土曜日はお子様連れのお客様が増えています。
ご予約はお早めに♪

とにかく子供と一緒に体験して頂きたいのです!!

開始時間 毎回:午後1時30分~
(10分前にはご来店ください)
★都合により日程が変わる場合がございますのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせは下記にてお願致します!
TEL 029-875-0002
info@yamaichimiso.co.jp


Category:みそ造り教室 | Comment(102) | Trackback(0) | top↑ |

みそ教室 in 世田谷観音本坊

2011.05.23 Mon
無事に終了できてホッとしました。

子供から大人まで沢山の方に参加して頂いてありがとうございました。

以下は当日の様子を少しだけ紹介させて下さい。

手前と奥の二つに部屋が分かれていて真中が通路という感じです。
写真左側には仏像様が鎮座。皆さんを見守っておりましたw。
世田谷観音

家族で参加された方もたくさんいらっしゃいました。
世田谷観音みそ教室

思い思いにみそ造り。
世田谷観音みそ教室


愛情を込めて仕込んでおりました。
世田谷観音みそ教室


場所をお借りした世田谷観音はかなり素敵な所でした。

都会の隠れた癒しスポット!
当日はバタバタしてしまったんで写真は撮れてませんw。

こちらでは毎月第二土曜に朝市を開催しております。
時間は朝6~8時半くらいまでです。多い時では千人くらい集まるとか。
全く想像がつかないので、僕もお邪魔しようかと思っています。
興味のある方は一度行ってみては?

主催して下さいました駒橋さん、場所を提供して下さいました世田谷観音の太田さん、
それから当日お手伝いに来て下さいました皆様ありがとうございました。

素敵な出会いと良い経験ができました。
また機会がありましたら宜しくお願い致します!!

皆さん、重石を忘れずに!!いつも言ってるかも。笑





Category:みそ造り教室 | Comment(193) | Trackback(0) | top↑ |

小学一年生 in 2011

2011.05.16 Mon
昨年に続き、小学館「小学一年生」の企画で「みそ仕込み」を行いました。

小学一年生に田植えを体験してもらい、米作りの工程を経て最終的にお米を収穫する。
その絡みでみそ造りをやってみましょう。というのもです。

今年はうちの工場で行いました。

今回使用した「味噌仕込みセット」です。麹蓋&酵母がおいしい味噌のポイント★
弊社での味噌教室も予約受付中ですよ。次回は5/20(金)、26(木)です。
110515b.jpg

デモンストレーションで大豆を色々な機械で潰して見せました。
子供たちも興味津津♪
110515c.jpg

親子で味噌仕込み。パパもママも真剣でした。
110515d.jpg

110515e.jpg

この模様は小学一年生8月号(7/01発売)に掲載されます。お楽しみに♪
110515.jpg

参加して下さいました皆さん、関係者の皆様ありがとうございました。
おいしい味噌が出来ると良いですね。
あ、どんなものでも結構ですので1kg程度の重石を忘れずに!!笑



Category:みそ造り教室 | Comment(143) | Trackback(0) | top↑ |

みそ造り教室日程表

2010.08.02 Mon
いよいよ!!みそ仕込み教室が開校しますよ!!

一緒にみそ造り体験してみませんか?
ご家庭でも出来るやり方で大豆をつぶすところから
色々な調理器具を使って、ていねいに指導いたします。

みそ造り教室

楽しい  ご家族・お友達・グループで楽しくみそ造りが学べます。

簡単   原料・道具の後片付けも不要。
      ご自宅へ持ち帰ってお好みの色・味になったらお召し上がりください。

安い   売店で販売している同じ原料の味噌よりお安く造れます。

おいしい ご自身で造ったみそは安心で、味も格別です。

みそ造り教室

所要時間 約1時間30分
原料   茨城産コシヒカリ米、茨城産タチナガハ大豆、赤穂の天塩
出来上がりの味噌 約5kg
持ち物  エプロン・三角巾(帽子)・タオル
受講料  3,800円(樽・押し蓋付き)
* 原料の持ち込みも可能です。

みそ造り教室


ではでは・・・・平成22年10月~12月までの日程をお伝えいたします。

10月・・・・・8日(金)、20日(水)、28日(木)
11月・・・・・4日(木)、10日(水)、19日(金)、27日(土)
12月・・・・・4日(土)、9日(木)

開始時間 午後1時30分~
(10分前にはご来店ください)

★5名様以上で開催します。
募集人数が集まらない場合は、お電話にて次回の日程をご相談させて頂きます。
★都合により日程が変わる場合がございますのでご了承ください。

ご予約・お問い合わせは下記にてお願いいたします。
TEL 029-875-0002
info@yamaichimiso.co.jp

みそ仕込み教室

ご応募お待ちしています







Category:みそ造り教室 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。